骨折・ねんざ│笹塚の肩こり・マッサージ・鍼灸・交通事故治療なら、りゅう鍼灸整骨院

03-3376-1181

予約優先制
駐車場3台分完備

骨折・ねんざ

骨折・ねんざ

骨折・ねんざ 保険診療

骨と筋肉の構造を理解し、より早くキレイに、機能回復を目指します

骨折・ねんざ

骨折とねんざは、患部が骨であれば骨折、関節であればねんざ、と区別します。
骨折は、外傷(転倒・衝突・交通事故など外力によるもの)や、過度の運動(特定の部位に繰り返し連続してかかる外力による疲労骨折)により起こります。「骨が折れる」ことだけではなく、折れずに「ひびが入る」ことも骨折です。

ねんざは、過度の運動で関節・靭帯・腱などを不自然な形にひねって損傷することにより起こります。
骨折とねんざのどちらであるかを一般の方が判断するのは困難です。治療法が異なるので、専門家にどちらであるか判断してもらい、適切な治療を行なうことが大切です。より早くきれいに機能回復できるよう、何らかの外力を受け痛みや腫れなどの異常が現れたら、自己判断せず速やかに当院までお越しください。

【骨折の症状と応急処置】

骨折すると、痛み・腫れ・内出血・変形・異常可動性(関節以外の部分で骨が動く)などの症状が現れます。 骨折が疑われるときは、以下のような応急処置を行ないます。

・冷やす

氷のうなどで患部を冷やしますが、凍傷にならないようタオルなどでくるんでから患部に当てます。

・患部を心臓より高くする

腫れを抑えるため、可能な限り患部を心臓よりも高くして、安静を保ちます。

・副木を当てて固定する

副木またはその代わりになるダンボールや板などを当てて、包帯や布で固定します。 肩・肘・腕であれば、三角巾やスカーフなどで腕を吊って支えます。

【ねんざの症状と応急処置】

ねんざすると、痛み・腫れ・内出血などの症状が現れ、程度によって症状の現れ方が異なります。 ねんざが疑われるときは、以下のように『RICE法』という応急処置を行ないます。

・R(REST=安静)

安静にし、患部を動かさないようにします。

・I(ICE=冷却)

氷のうや冷却スプレーなどで患部を冷やしますが、凍傷にならないよう注意が必要です。

・C(COMPRESSION=圧迫)

患部を包帯などで巻いて圧迫します。

・E(ELEVATION=高挙)

可能な限り患部を心臓よりも高くして、内出血を予防します。

よくある症状

痛み・腫れ・内出血など

たとえば…

骨折かどうか判断できない

徒手検査を行なって判断します。必要に応じて医療機関を紹介しますのでご安心ください。

原因不明だが、腫れている

関節の炎症により慢性的に腫れている可能性、または細菌感染や内臓疾患が原因の可能性もあります。必要に応じて医療機関を紹介しますので早急にご相談にお越しください。

他にも気になることがある方は当院までご相談ください

主な治療法

けが治療
高周波治療器
足空気圧治療器
マイクロ波治療器
干渉波電気治療器

笹塚 りゅう鍼灸整骨院